読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お風呂でちょっとだけ泣いた



お風呂でちょっとだけ泣きました。
ちょっとだけ、ではなかったかもしれないけど、ぜんぶシャワーで流してしまったから、わからない!



春は別れの季節。
突然の別れもある。
でも、それはその人が選んだ道だから、とやかく言わずに、受けとめて、送り出す。
でも、悲しくて、寂しくて、そういうときはお風呂で泣く。

そんなようなことを、HiHiJetの橋本涼くんがR'sブログで言ってました。

私はこの言葉が、人より少し、胸にぐさりと突き刺さりました。



私の最愛の子は去年の夏にアイドルをやめました。
詳しくは前のブログをご覧ください。

そしてその子は、本人の口からは聞いていないけれど、おそらく、ほぼ確実に、橋本涼くんのお姉ちゃんです。
(確信した理由はいくつかあるのですが割愛させていただきます)

突然の別れとなった、その子のことを、私は半年以上ぐずぐず引きずっている。

でも、わかってる。その別れは、あの子が何度も何度も真剣に考えた上での選択だったということを。
だから、その選択については否定なんてできないし、新たな道で幸せになってほしいと、心の底から思っています。

ただ、私はオタクだから、幸せになる姿を見ていたかった。寂しいし悲しいです。それは、許してください。



今日、3月20日は、なぎちゃん(最愛の子)と初めてお話をした記念日です。

去年の今日、本当にちょこっとだけど、お話しすることができました。
大好きだよ、応援してるよ、と、直接伝えることができた。

なぎちゃーーーん!
今年の今日も、なぎちゃんのことが大好きで、応援しているよ!



そして今日、なぎちゃんが所属していたハロプロ研修生の定期公演、ハロプロ研修生発表会がありました。

今現在、特定の推しはいないものの、ハロプロ研修生が好きで、ハロプロ研修生の現場が好きなので、こっそりとお邪魔させて頂きました。

感想は、たのしかった!!!
みんな可愛くて最高だった!!!

でも、特定の推しは、まだ、出来そうにありません。

好きだなあって思う子や、ついつい見てしまう子はいます。
前田こころちゃんや岡村美波ちゃんや山崎愛衣ちゃんなどなど。

岡村美波ちゃんは新人研修生で、今日初めましてだったけれど、元ロコドルで経験者で、自己プロデュースに長けているなと感じました。
元々お顔が可愛いなと思っていたところに、今日の自己紹介や初パフォーマンスでの笑顔でさらに興味を持ちました。
好きなお寿司ネタはサーモン。好きな教科は理科。元素記号を覚えるのが楽しいということで、化学オタクの血が騒ぎました笑。

山崎愛衣ちゃんは、初めは特別好きだとは思ってなかったのだけれど、パフォーマンスの映像を見たらパフォーマンスがよくて歌も良くて可愛いなあって思って気になってます。
でも北海道研修生だから、北海道に行かないと見られないので、いつか関東に来てくれないかなと思ってます。

前田こころちゃんに関しては、好きだなあって思い始めて半年近く経ちます。
一尺玉でぶっ放せ!という曲をパキパキ踊るこころちゃんがとても格好よくて好きです。

でも、好きだなあって思っても、なぎちゃんみたいにダンスうまいな、とか、なぎちゃんと比べてしまううちは、申し訳なくて、推しにできない。

この曲、なぎちゃんもパフォーマンスしてたことがあったな。
この振り付けをするなぎちゃん可愛かったな。
この曲はきっとなぎちゃんが選抜されるだろうな。
このパートなぎちゃんが選ばれるだろうな。
ここの煽りなぎちゃんがやるだろうな。
ここはなぎちゃんはあのレーンであの立ち位置にいるだろうな。

そんなことを考えながら見てしまう。
ずっとではないけれど、それでも、つい、ふと。

もっと軽く考えていいんじゃない?って言われました。
推しについて、難しく考えすぎなのではないか、と。

確かにそうかもしれない。けど、私はそういう考えをしてしまうから、このままでいい。
また、推したいな!って、難しいことをすべて吹っ飛ばして好きだと思える子に出会える日を待つ!

それまでは、難しいことを考えず、みんな大好きDDオタクでいようと思います。
(前田こころちゃんや岡村美波ちゃんや山崎愛衣ちゃんがちょっとだけ特別に好きなオタク笑!)
(前よりは少しだけ、吹っ切れてきているとは思う。)


でも、みんな、楽しそうなんです。
推しがいる友人たちが、楽しそう。

推しの好きなところを話しているときの笑顔や、今後の推しの動向について話しているときの不安そうな表情。
不安に関しては、こう言っては失礼かもしれないけれど、私はそれが羨ましいです。

推しがいるということ。
推しと共に歩むことができるということ。

私も、その楽しさを知っている。
なぎちゃんと共に歩むのは楽しかった。



そのことを思い出して、お風呂で、泣きました。



去年の3月20日。
人混みの中、私がなぎちゃんオタだということを理解してくださった方々がよけてくださり、なんとかなぎちゃんの前に辿り着けました。

そして、私のTシャツを見て、なぎちゃんが嬉しそうな表情をしてくれました。

f:id:raymay55:20170320221048j:image

その笑顔が嬉しかった。

私だけに向けてくれた笑顔、とか、私を認識してくれたから、とかだけではなく(もちろんそういう嬉しさもあったけれど)、
なぎちゃんを好きな人がここにいるよ!って伝わったのが何より嬉しかったです。

そのあと、なぎちゃんが辞めてしまう前に、もう一度だけ、一対一で対面する機会があったのだけど、そのときも、「わあ!」っという声と共に、驚きと嬉しさの混ざったその笑顔を見せてくれて、これ以上の幸せはないです。



まだ、たった1年前のお話。
あのときは、楽しかった。幸せだった。

また、あの楽しさを味わいたいな。
でも、なぎちゃんとじゃないと味わえない。

あーーー、またお風呂行ってこようかな..



そしてそれだけではなく、あのとき伝えていれば、あのとき現場に行っていれば、そういった後悔も、涙の原因になります。

後悔しないように応援してください。

私も、もう後悔しないように、A.B.C-Z宇宙Sixを応援します。

出来ることは全部する。やりきる。途中で諦めない。



なぎちゃんの、素敵な報告を待ってます。

素敵な報告。
復帰するという報告に限らず、誰か伝いでもいい、元気にしてるよという報告。

次はお風呂で素敵な涙を流したいな!